「脱毛をしたい」妊娠中にVIO脱毛はできるの?不妊への影響は?







● 妊娠中や出産後の授乳期のVIO脱毛はできるの?妊活中の不妊への影響は?

 

妊娠中に「脱毛をしたい」と思うことがあるかもしれません。

お腹の大きいときに記念撮影をするといった場合などは、

VIO脱毛をしたいというケースもあるでしょう。

 

また、妊娠中から出産後の授乳期にも脱毛ができるのか気になりますよね。

 

そして妊娠を希望している妊活中の時期には、

VIO脱毛が不妊に影響するかどうかなども合わせて詳しく解説していきます。

 

● 妊娠中のママの体はどんな状態?

 

妊娠中にVIO脱毛ができるかどいうかを知る前に、

まずは妊娠中のママの身体はどのような状態なのかを確認しておきましょう。

 

妊娠中のママの身体は基本的にデリケートな状態です。

まず、何かの病気になったときに、通常の時期と同じように薬を服用できません。

 

また、麻酔についても同じです。

例えば歯医者さんで虫歯治療を受けるときに麻酔をすることがありますが、

妊娠中は胎児への影響を考えると麻酔を打つことも避けるべきなので、

 

虫歯治療自体を行えないというのが一般的です。

 

また妊娠中はホルモンバランスが変化するため、肌が敏感になることがあり、

肌トラブルを起こしやすくなります。痛みについてもより敏感になるでしょう。

 

個人差はありますが、つわりが起きて吐き気が出るなど、

思うように生活できないこともあります。

 

● 妊娠中にVIO脱毛はできない

 

では、このような身体の状態を持つ妊娠中に、VIO脱毛はできるのでしょうか。

 

通常、VIO脱毛に限らず、妊娠期は脱毛自体できません。

その理由として、まず、脱毛はレーザーを照射するときに

火傷や肌トラブルのリスクがあるためです。

 

特に肌の敏感な妊娠中はちょっとしたことで肌トラブルが起きやすい時期であるため、

レーザーや光の照射を受けることでトラブルにつながりやすいと考えられます。

 

また、特に医療レーザーは通常期でも痛みが強いといわれています。

よって、より敏感になっている妊娠中は、さらに痛みを感じやすいと考えられます。

 

もし肌トラブルが起きてしまっても、飲み薬などが

使用できないのも施術が行われない理由のひとつです。

 

また妊娠中は、できるだけ身体に負担をかけないようにしなければなりません。

つわりがあればもちろんのこと、施術中は身体を横たえるため、

姿勢についても負担が大きいものです。

 

● 授乳中はVIO脱毛はできるの?

 

では、産後の授乳中は脱毛を受けることはできるのでしょうか。

 

基本的に、授乳期には脱毛クリニックでも、

脱毛サロンでも脱毛施術は行われていません。

 

母乳への影響があるため、何かあったときに薬を服用できないためです。

 

また、授乳中も妊娠期同様にホルモンバランスが通常とは異なる時期なので、

肌の状態や発毛に変化が起きることがあるといわれます。

 

そのため、VIO脱毛も、ワキ脱毛や腕脱毛など部位問わず、

脱毛自体は受けることができません。

 

● 帝王切開したらVIO脱毛はできないの?

 

帝王切開をした後に、傷跡が残っているものの、

そのVラインの脱毛をしたい場合、照射はできるのか心配になる方もいます。

 

基本的に傷跡や手術の跡は、脱毛クリニックの場合医師が見て

照射ができるかどうか判断することが多いようです。

 

しかし、傷跡が黒ずんでおり、色素沈着している場合には、

日焼けした肌と同様に火傷の恐れがあるので照射できません。

 

また、手術跡は傷が深いことがあるため、照射が行われないこともあります。

 

● VIO脱毛が不妊の原因になることはある?

 

VIOラインはデリケートな部位であり、子宮も近いことから、

脱毛施術が不妊の原因になるのではないかという噂があります。

 

しかし、照射する光もレーザーも、メラニン色素だけに反応するものですので、

子宮に悪影響を及ぼすということは考えられません。

よって、この噂は完全に誤りです。

 

ただし、妊活を行っている方が脱毛を受けている途中で妊娠した場合、

その時点で、脱毛自体はストップすることになります。

 

もちろんそのときにもお腹の中の赤ちゃんに悪影響が及ぶことはありませんが、

一度、脱毛はお休みし、出産後の授乳期が終わってから

身体が通常になった段階で脱毛を再開します。

 

こうした休止制度がきちんと整っているかどうかは、

脱毛サロンやクリニックに事前に問い合わせしておきましょう。

 

● 【まとめ】妊娠中にVIO脱毛はできるの?赤ちゃんへの影響は?

 

妊娠中は、VIO脱毛に限らず、脱毛施術自体受けることができません。

 

お腹の中の赤ちゃんや子宮への影響はありませんが、

ホルモンバランスの関係などから肌トラブルリスクがあったり、

万が一のときに適切な治療が行えなかったりするなどの理由があります。

 

脱毛には妊娠中はしっかりお腹の赤ちゃんと共に大切な時期を過ごし、

出産後に授乳期を過ぎて安定してから脱毛を受けるようにしましょう。

出典:トイトイトイクリニック

トイトイトイクリニック




女子大生1
女子大生1
このサイトはWordPressで作成しています。

◇ WordPressテーマは「「Diver」」です。

◇ レンタルサーバーは「mixhost(ミックスホスト)」です。
女子高生1
女子高生1
ありがとうございました。 TOPページへ戻る
脱毛
おすすめの記事