副鼻腔炎(蓄膿症)アレルギー性鼻炎,花粉症 アーユルヴェーダで改善

● 副鼻腔炎(蓄膿症)で長年苦しんできた!それを改善します

ここでは副鼻腔炎(蓄膿症)で苦しんでいる人に、

手術や抗生物質の投与無しで、劇的な改善をもたらす

ある方法をお伝えしています。

 

無料のガイドブック進呈中

 

◆ こんな症状で苦しんでいませんか?

 

こんな症状で苦しんでいませんか。

 

 

・ 鼻が詰まって、楽に息ができない。

・ ドロッとした黄緑色の鼻汁が出る。

・ 頭や鼻の周りが痛い。 

・ 嫌な臭いがする。

・ 膿が喉に垂れて気持ちが悪い(後鼻漏)。

・ 匂いや味がわからない。

・ 風邪を引く度に蓄膿症になる。

・ 慢性的な疲労感があって何もやる気がしない。

・ ボーっとして、集中できない。

・ 口臭が気になって家族や職場の人、異性と話すのが怖い。

・ 薬を飲み続けないと不快な症状が収まらない。

・ 手術はしたくないが、他に方法が無いと思う。

 

まだまだ諦めるのは早いですよ。

蓄膿症(慢性副鼻腔炎)の悩みで苦しみ、どうしていいか分からない。

そのような方には、この後もぜひ読み進めてください。

 

もう一度言いますが、

諦めるのはまだ早い!

 

 

誰もが自分自身の体に持っている自然治癒力を活かせば

根本的な蓄膿症の改善に導けるんです。

 

ここで実際に改善した方の声をお届けします。

 

宮野 伸二様  27歳  静岡県

「私が蓄膿症になったのは、2年前に風邪をこじらせて1週間以上経過 しても咳がなかなか治らなかったことが始まりでした。

通常でしたら、2、3日で治る風邪がなかなか治らず、数か月してから病院に行って診察してもらったところ、 蓄膿症が発覚しました。 薬でクラリス、クラビット、ムコダインを処方して飲んでいましたが、慢性化しており、 一時的に良くなる程度でした。

しかも、蓄膿症から今までなかった花粉症を併発し、花粉症の時期は両鼻が詰まり、苦しくてほとんど眠れない 日々が続きました。

薬を飲み続けるも、改善が進まないため、ネットであらゆる治療法を探しました。 このとき、インドの自然療法アーユル ヴェーダを知ることになります。

ネットには色々な治療法が掲載されています。実際、どれが本当に効果があるのかはやってみないとわかりま せん。 なので、ダメもとで始めて、治ったらラッキーというくらいの気持ちでスタートしました。

アーユルヴェーダの体質改善を開始してから、○○を断ち、粘液排出プログラムを実施します。
最初に驚いたのは、○○を断ってから、2、3日目で白湯が甘く感じられたことです。 飲んでいるのは、 ただのお湯のはずなんですが・・・。なぜか、甘く感じられたのです!これには本当に驚かされました・・・

最初は半信半疑で始めましたが、これで続けてみようという気持ちになりました。 その後も、体質改善を続けて 1日経過するごとに鼻づまりが少しですが解消されていきます。
そして、10日経過するころには鼻づまりはほとんどなくなりました。さらにその後も続け、約3週間後には ほぼ症状がなくなりました。

ただ自分の場合、食生活や生活リズムを崩すとまれに再発しますので、その都度、この方法を実施して、体調 を元に戻しています・・・^^ 人間の自然治癒力と、その治癒力を最大限引き出すアーユルヴェーダの治療法はホン トに凄いです!

現代社会では、病気になれば病院で診てもらい、薬(化学物質で作りだした毒)を処方される。 これは大きな間違いですよね・・・ 副作用(人体に害)がある薬が人間にとって決して良いものであるは ずがありません。

昔の人々は自然にあるもので治してきた。これが、アーユルヴェーダ。病気というのは、本来はこういう やり方で治すものだと考えるようになりました。 この度は良い機会を与えて頂き、本当にありが とうございました。」

 

◆ 副鼻腔炎(蓄膿症)は抗生物質では全く改善しません

 

 

この副鼻腔炎(蓄膿症)改善へ向けた接し方についてですが、

西洋医学ではこの蓄膿症の原因を細菌とみているのです。

 

その為、原因をもたらしている細菌を抗生物質で叩けば治るとみているんです。

 

でも本当にそうであるなら、殆どの患者さんは5年、10年と続けている場合

完治していても良いはずですよね。でもなかなか完治していないのが現状です。

 

ここでアメリカのある大学で、急性副鼻腔炎に対する抗生物質の

効果を計る実験がありました。その結果たるや愕然としてしまいます。

 

米ワシントン大(Washington University)の研究チームは、急性単純性副鼻腔炎の成人 患者166人を対象に、一般的に使用されている抗生物質、アモキシシリンを与えるグル ープとプラシーボ(偽薬)を与えるグループに分け、効果を比較した。

なお、患者は鼻水などの症状が7~28日間続いており、症状の重さは中度、重度、極 めて重度の3タイプに分かれた。

実験の結果、アモキシシリン・グループで回復が早まったり症状が 軽減されたりといっ たことは確認できず、 プラシーボグループとの間で症状に顕著な違いは見られなかった。

「これらの結果は、基本的な副鼻腔炎では抗生物質が必ずしも必要では ないことを示している。 大半の患者は自力で回復する」と、研究者は述べた。

米国医師会雑誌 (Journal of the American Medical Associa-tion)に発表(2012年2月15日)。
AFBBB Newsより引用

 

本当に物凄い事実が証明されてしまったんですね。

まさか抗生物質に効果がなく、プラシーボ(偽薬)と変わらないなんて

誰が予想したでしょう。

 

今まで自分が長年やってきた治療は何だったのか。

これから先はどうすればいいのか?

 

でもね、安心してくださいね。

これまで言ってきたように、病院へ行かなくても副鼻腔炎(蓄膿症)が

改善する方法は有るんですよ。

 

 

それこそ、これから紹介するインドの自然療法アーユルヴェーダなのです。

アーユルヴェーダと西洋医学とは副鼻腔炎(蓄膿症)の原因に対する

見方とその改善法は全く異なっています。

 

アーユルヴェーダの理論では、体内に流れる体液の流れが滞ると、

そこに痛みが生じ、さらに悪化すると特定の病気(症状)になると考えます。

 

きれいな水でさえも流れなくなったら腐敗し、悪臭が漂いますが、

蓄膿症もこれと同じなのです。

 

 

でもここで疑問が生じてきますよね。

何が体内に流れる体液の流れを滞らせているのでしょう。

 

◆ 何故? 副鼻腔炎(蓄膿症)になるの?

 

なぜ、鼻がつまったり、鼻水や膿が出てくるんでしょうか。

 

 

それは自分の体に溜め込んでしまっている汚れ(毒素・粘液)のせいです。

その汚れが副鼻腔炎(蓄膿症)の様々な症状の原因なのです。

 

自分自身の体が持つ自然治癒力は、その汚れを必死に鼻水や膿にして

体外へ出そうと頑張っているんです。

 

でもね、鼻水を吸引しても、膿を出す薬を飲んでも、

再び鼻水や膿が増えるのは何故でしょうか。

 

それは、今現在も、体を汚し続けている間違った食事のせいなんですよ。

 

だからこそ、今からすぐにでも身体を汚す食事をやめ、

体内をキレイにしてあげれば、鼻づまりや鼻水、膿も減って

うっとうしく、不快な症状は劇的に改善されていくのです。

 

驚くかもしれませんが、粘液を増やしやすい食品の一部を載せます。

 

 

自然治癒力は咳や鼻水として粘液を減らそうと頑張るのですが、

ここに薬の力で症状だけを押さえるのはおかしいですよね、本末転倒です。

 

偏食が続き粘液が増えてきて、自分の体による浄化が追いつかなくなると、

慢性アレルギー性鼻炎や花粉症などの病気へと繋がっていっちゃうんです。

 

極端かも知れませんが、この段階では薬よりも鼻うがいの方がましなんです。

 

でもこのまま、粘液が留まる食事を相も変わらず続けていると、

一体どうなってしまうのでしょうか。

 

 

まあ、当然と言えば当然ですが、

ズウッと症状は続き、良くなることはあり得ないですよね。

 

免疫力が低下するのにはいくつか理由が有ります。

皆さんがよく知っている、気温の低下や疲労の蓄積、アルコールなどです。

 

そしてもう一つ、これが厄介なんですが、殆どの現代人に言えますが、

「毒素」と呼ばれる腐敗物質があります。

 

この「毒素」とは、食べたものを充分に消化しきれず残った物が、

腸内などで時間を経過して酸化したものなのです。

 

毒素は体内の血管やリンパ管、腸管などのあらゆる管に付着して、

流れを悪くするゴミのようなものです。動脈硬化もこれで起きます。

 

毒素を絶つ

 

毒素は体液の流れを悪くする「二つ目の要因」です。

 

◆ 副鼻腔炎(蓄膿症)を改善するためには・・・

 

副鼻腔炎(蓄膿症)を改善するためには、体内に溜まった粘液と毒素を浄化して

副鼻腔炎(蓄膿症)がなかった時の状態に戻すことなんです。

 

そのために何をするのでしょうか。

 

 

まず、これ以上粘液を増やさない食事にすることです。

こうして食事を改善したら、並行して体の浄化をはじめます。

 

どういうことかと言いますと、これまでに溜まった

粘液と毒素を減らしていくのです。

 

アーユルヴェーダ式の浄化法を開始すると、

3日で鼻水が止まり、鼻づまりも解消され、

鼻で息が楽にできるようになります。

 

 

痛みと頭痛の場合でしたら、3日でほとんど感じなくなるでしょう。

 

◎ 副鼻腔炎(蓄膿症)を改善する方法のまとめ3つ

① 粘液を増やさない食事

② 頭部に溜まった粘液を排出する

③ 体に溜まった毒素を浄化し、免疫力を向上させる

 

どうでしょうか。いたってシンプルでしょう。

 

この3つを行うためのいろんなテクニックをマニュアルで用意していますよ。

全部自宅で出来る簡単な方法ですよ。

 

もっと詳しい内容は公式サイトでご覧いただけます。

この下に、公式サイトのリンクを貼っておきます。

 

ーユルヴェーダ式鼻炎・蓄膿症改善マニュアル公式サイトへ

 

 

 

 

マニュアルの内容の一部です。

 

クリックすると下に開きます。もう一度クリックすると閉じます

 

鼻づまり・鼻水の元である粘液を増やす食材とは?
蓄膿症の方用に、食材を10のカテゴリーに分けた「オリジナル食材バランス表」を使えば、 粘液を増やす食材と減らす食材、体を温める食材と冷す食材が一目でわかります。

たまらない痛み・頭痛を即効で激減させる方法
蓄膿症になったばかりの頃の痛みはかなり強烈です。痛み止めの薬が手放せない場合でも この方法なら1日で3割~5割の痛みが減って、2日で5割~8割、3日以降はほとんど痛み をかんじなくて済むでしょう。ただし、痛みが無くなっても完治しているわけではあり ませんので、その後も浄化は継続してください。

毒素を生じさせない食事法
毒素は食材によってのみ生じるのではなく、食べ方によっても生じます。この基本的な ことさえ抑えておけば、90%の病気の元である毒素を生じることがなくなります。

頭に溜まった粘液を排出させる秘密の方法を公開
粘液を体外へ出す度に、蓄膿症の原因自体を少なくしていきますから、これで症状が大きく 改善されます。この方法は西洋医学にも漢方にもない、アーユルヴェーダ独自のものです。

毒素を積極的に減らす体内浄化法(デトックス)
いくつもある浄化法の中で蓄膿症に合った最善の方法を詳細に解説します。
一つは毒素を 体外へ出す方法、もう一つは毒素を燃やす方法です。
もちろん、どなたでも行える方法です。

鼻呼吸を楽にするマルマとは?
アーユルヴェーダでは人体の中に触れるだけで自然治癒力を高めるマルマと呼ばれる箇所が 複数あることがわかっています。その中で鼻づまりを緩和して呼吸を楽にし、頭痛を緩和し、心と筋肉の緊張をほぐすマルマポイントをお伝えします。1回につき30秒から2、3分ほど、指先をそこに当てるだけです。

毒素を燃やし新陳代謝を高める一つのヨガ
寝る前にこれを行うことで、眠っている間も効率よく毒素を減らしていきます。

便秘を改善する方法
毎日の排泄は浄化の基本ですから、便秘は蓄膿症改善の妨げになります。そこで、 便秘になる2つの原因と避けるべき食材、そして3パターンの解決法をご紹介します。

風邪を撃退する方法
風邪の引き始めにたったこれをするだけで、鼻水も咳も出ない内に風邪を即効で退散させる ことができます。

元セラピストだから教えられる体を一気に浄化するスゴワザとは?

浄化法の中で最も強力な方法です。これを月に1回、お休みの日に行えば免疫力が 格段に向上します(妊婦を除く)。

蓄膿症の6割以上の方に共通する間違った朝食のメニューとは?
マニュアルを作った当初は、この食品が蓄膿症を悪化するとは私でさえ知りませんでした。多くの方の食事内容の聞き取りをして初めてわかったことです。50年前なら考えられない、まさかの現代的理由です。

毎朝、毒素が出ているのを簡単に見てわかる方法
この方法を知っていれば昨日の食事で毒素が生じたのかどうかが目で確認できます。朝出た 毒素を取り除くのは10秒で済みますが、そのままにしておくと表面化した毒素をまた体内にしまい込むこ とになります。

食事によって免疫力を上げる方法
食物から滋養を最大限に引き出す簡単な方法。食材の質を高める3つの段階。 効率の良い消化のために間違って欲しくない食べる順序など。

その他の蓄膿症改善法も
粘液の排出を促すアロマ。症状を悪化させないためにやってはいけない生活習慣。6つの味(甘、辛、塩、苦、渋、酸)が体質に与える影響とは。5分で体を内側から暖かくする方法など。

 

● 価格:副鼻腔炎(蓄膿症)を改善するマニュアル

 

・ 「アーユルヴェーダ式 蓄膿症改善マニュアル」

 

◎ ダウンロード版

¥5,800

◎ 配送版

¥7,900

 

 

なんとこんな特典が付いていますよ!

特典①

安心の全額返金保証

 

特典②

無料メール相談

 

特典③

即効ストレス開放テクニック

 

もっと詳しい内容は公式サイトでご覧いただけます。

この下に、公式サイトのリンクを貼っておきます。

 

アーユルヴェーダ式鼻炎・蓄膿症改善マニュアル公式サイトへ

 

 

 

● よくある質問 Q&A

 

 

クリックすると下に開きます。もう一度クリックすると閉じます

 

Q. マニュアル代の支払い方法を後払いにすることはできないでしょうか。

A. そのご要望にはお応えできませんが、実質的に無料で手に入る方法をご紹介しましょう。 詳細についてはこちらから

Q.どれくらいの期間で改善されますか?

A. 個人差がありますのであくまで目安ですが、鼻水と鼻づまりでしたら平均して3日ほどです。早い人なら2日、遅い人でも7日くらいです。次に後鼻漏、口臭、匂いがわからないなどの症状は、副鼻腔炎になって1ヵ月~2カ月の方や風邪の度に症状が出る方の場合は2週間~1ヵ月半ほどかかります。慢性化している方の場合は1ヵ月~3ヵ月くらいです。

Q.春には必ず花粉症になります。 花粉症でもマニュアルは役に立つのでしょうか?

A. 花粉症も粘液が蓄積したことによって起きる症状なので、マニュアルで改善できます。花粉症は蓄膿症よりも改善が早くなります。平均して7日ほどです。

Q. 今、受けている治療は止めないといけないのでしょうか?
A. 薬の服用や膿の吸引等をしなければ症状が出て苦しい方は、治療を続けながら、マニュアルに書かれてある事を行っていただければ結構です。症状が軽くなるに従がって、病院での治療(薬など)の必要性も徐々に減っていき、やがて不要になるでしょう。

Q.これまで漢方薬や鍼も試しましたが治りませんでした。そのため、このマニュアルに効果があるのか不安です。

A. 漢方薬も鍼灸も蓄膿症の改善には効果的な方法ですが、症状を悪化させる食事を続けていたのでは、残念ですが効果は相殺されてしまいます。まずは適切な食事に切り替えて症状の悪化を止めることが先決です。その上で先の治療法を行えば、初めて相乗効果が期待できるでしょう。

Q. 自分が好きな食べ物が蓄膿症にとって良くない場合、私は一生、それを食べてはいけないのでしょうか。
A. そのようなことはありません。改善中は控えていただいたほうがいいですが、良くなった後はご自分の好きな量を食べることができます。なぜなら、また体質が偏ってもそれを修正する方法がわかっているからです。

Q. マニュアルの改善法は難しくありませんか?
A. とても単純な方法です。体が本来持っている体内を浄化する作用を促進させるだけです。 西洋医学ではこの単純で効果的な方法をまったく無視していますが。

Q. 1日に1回は外食をするのですが、それではだめですか?

A. 外食だけの方でも蓄膿症を改善できるようにしています。外食時に不適切な食事は外し、ご自宅で体を浄化するプログラムをしてもらえれば大丈夫です。

Q.マニュアルを購入後、ダウンロードするのは簡単にできますか?

A. ダウンロードとはパソコン・スマートフォンにマニュアルのデータを取り込むことです。始めての方にもできるように動画での案内を用意してありますので、ご安心ください。

 

ここまでお読み頂いてありがとうございます。

既にあなたは蓄膿症は薬では治らないことはおわかりのことでしょう。

言うまでもないことですが、
あなたは生まれつき蓄膿症だったわけではありません。

ということは、適切な方法されあれば
元に戻れるということです。

確かに、ある程度の期間、偏った食生活によって
体に粘液と毒素という汚れが溜まり、蓄膿症になってしまいました。

しかし、その汚れさえ取り除けば蓄膿症がなかった
快適なあの頃に戻れるのです。

 

もっと詳しい内容は公式サイトでご覧いただけます。

この下に、公式サイトのリンクを貼っておきます。

アーユルヴェーダ式鼻炎・蓄膿症改善マニュアル公式サイトへ

おすすめの記事